ブラジル在住の相続人の手続きをサポートする体制を整えました

亡くなったのが日本人で日本で発生した相続だけど、ブラジルに住む日系ブラジル人が相続人となっている場合の手続きをサポートする業務は、はじめた当初は手探りで必要が生じたときに都度、検討を重ねる方法で進めきました。

現在、受任ケースの実績が蓄積されてきたと同時に、徐々にサポート体制を整えることができ、どんなケースもどうぞ!の気持ちでご依頼をお待ちしております。


出生証明書や死亡証明書、婚姻証明書の取得

ブラジルは第三者でも証明書が取得できます。当事務所ではブラジルの提携先と協力して、必要な書類を登記所(Cartoio カルトリオ)で取得します。身分事項が登記されている登記所が不明な場合は、出生地や両親の名前などから探し出せる場合がありますので、こうしたケースもご相談ください。


 ブラジル国内で行方不明となっている相続人の調査
本人や家族の名前からSNSが判明し、連絡が取れることがあります。また、ブラジルで発行されている日系人向けの新聞への掲載、県人会などに問い合わせて判明することもあります。また、現地ブラジルの提携先と協力して、調査をすることも可能です。


遺産分割協議証明書や裁判所類の翻訳
ブラジル国内の公証役場でサイン証明を受ける際は、ほとんどのケースでポルトガル語の書面が要求されます。ですので、日本語で作られた遺産分割協議証明書をポルトガル語に翻訳し、サイン証明を受けた後は、再度日本語に翻訳し、日本の各所で提出することとなります。
アオヤギ事務所では行政書士自身が翻訳を行っています。


ブラジル案件に実績のある司法書士事務所との提携
ブラジルが絡むケースだからと言って、日本で行う手続きは基本的には変わりません。ただし、ブラジルのどのような書類が必要となるのか、書類が不足する場合にはどのような宣誓書を提出するのか、など、あらかじめ法務局などに相談をして手続きを進めていく必要があります。
当事務所では、相続人個人の方のご依頼の場合で、不動産の相続遺産がある場合には、司法書士に依頼いただき、その司法書士とアオヤギ事務所が進めていく方法をお勧めしています。
ご希望の場合には、当事務所と提携している司法書士事務所をご紹介し、共同でサポートいたします。


ブラジルの相続人との連絡、調整
ブラジルにいる日系人の親族は、多くの場合、日本語が通じません。ですので、ポルトガル語でコミュニケーションを取って、相続関係について丁寧に説明して協力を求めることで、手続き全体がスムーズに運びやすくなります。ブラジルとは時差が12時間あり、日本とは昼夜逆転しますが、メールやメッセージ機能を使えば、効率よく連絡を取ることが可能です。

詳しくは、アオヤギ行政書士事務所のホームページをご覧ください!
http://www.officeaoyagi.sakura.ne.jp/jp-procedure.html

お気軽にご相談ください お問合せフォーム

コメント

このブログの人気の投稿

ブラジルの出生証明書の取得、はじめました☆

相続人がブラジル人の場合、遺産分割協議書は?

ブラジルの公証翻訳人