2019年6月6日木曜日

試験の合格が必須になる介護福祉士資格と 在留資格「介護」

在留資格「介護」は、2017年(H.29) 9月1日から施行されました。

以前、アオヤギブログの記事「外国人の介護職- 在留資格「介護」の創設と技能実習の対象職種へ 解説」にも書きましたが、今回まずは、介護福祉士資格の制度の変更点について、その後、外国人の在留資格「介護」とどのように関連するのかを書いていきます。

​​​介護福祉士の資格は、2022年 (令和4年) 4月入学者からは養成校を卒業しただけでは取得できなくな​ります。

現在は​経過措置として、2022年(令和4年)3月31日までに介護福祉士養成施設を卒業した人については​今まで通り​介護福祉士の資格が付与され、卒業年度の翌年度から5年間は介護福祉士となる資格を有する者と​されます。

---------------------------------------------------------------------------------------
社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律(平成19年法律第125号)(以下「新法」という。)の施行により、平成29年4月1日から介護福祉士養成施設卒業者も介護福祉士となる(介護福祉士登録を受ける)には介護福祉士試験に合格しなければならない(新法第39条)こととなりましたが、新法の施行(平成29年4月1日)から平成34年(令和4年)3月31日までに介護福祉士養成施設を卒業した者については、介護福祉士試験に合格しなくても(不合格又は受験しなかった者)、卒業年度の翌年度から5年間は介護福祉士となる資格を有する者とする経過措置が設けられています。
出典:公益財団法人社会福祉振興・試験センター 「資格登録のお知らせ」http://www.sssc.or.jp/touroku/info/info_keika.html
---------------------------------------------------------------------------------------

卒業5年経過以降も介護福祉士の資格を維持するためには、5年間続けて介護等の業務に従事するか5年の間に介護福祉士の試験に合格することが必要です。

---------------------------------------------------------------------------------------
「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、平成29年度(第30回)から、養成施設ルートが介護福祉士国家試験の受験資格となりました。なお、養成施設を令和3年末までに卒業する方は、卒業後5年の間は、国家試験を受験しなくても、または、合格しなくても、介護福祉士になることができます。この間に国家試験に合格するか、卒業後5年間続けて介護等の業務に従事することで、5年経過後も介護福祉士の登録を継続することができます。平成34年度以降に養成施設を卒業する方からは、国家試験に合格しなければ介護福祉士になることはできません。
出典:公益財団法人社会福祉振興・試験センター 「資格取得ルート図」http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html
---------------------------------------------------------------------------------------

​外国人の在留資格の視点で考えてみると、入管法で、在留資格「介護」の活動は次のように定められています。​

---------------------------------------------------------------------------------------
- ​本邦の公私の機関との契約に基づいて介護福祉士の資格を有する者が介護又は介護の指導を行う業務に従事する活動
---------------------------------------------------------------------------------------

さらに、​​要件を定める基準省令では​:​
---------------------------------------------------------------------------------------
申請人が次のいずれにも該当していること。
一 ​​​​社会福祉士及び介護福祉士法(昭和六十二年法律第三十号)第四十条第二項第一号から第三号までのいずれかに該当すること。
---------------------------------------------------------------------------------------

とあります。

社会福祉士及び介護福祉士法 第四十条第二項第一号から第三号とは、いわゆる養成​施設​​の卒業​を指しています。

2022年(令和4年)3月31日までに卒業する外国人は、卒業後5年間、「介護」の在留資格で従事していれば介護福祉士資格を維持できるので、それまでに入学される方のほうが資格取得は目指しやすいようです。

2022年 (令和4年)4月の入学者以降は、卒業時に介護福祉士に合格しなかったら、在留資格はどのような措置になるのか疑問が残ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿