ブラジルの証明書は最先端な電子印を採用

ブラジル在住者の渉外相続の手続きをサポートしている行政書士・ポルトガル語翻訳者の青柳りつ子です。 https://www.officeaoyagi.com/

当事務所では出生証明書の翻訳をよくお受けします。
このお仕事を始めて11年目。以前に比べると、ブラジルの証明書はずいぶんと電子化されました。

最近発行されたものだと、全国的にフォーマットがだいたい同じです。

それに加えて、その証明書の信ぴょう性が確認できるように、電子印が付されます。

例えば、出生証明書の下に、電子印の番号とQRコードがあります。

拡大します!

電子印番号の下には、「この書類の根拠を照会するには、印刷されているQRコードを読み込むか、電子アドレス https://selodigital.tjsp.jus.br/にアクセスすること」と書かれています。

電子アドレス https://selodigital.tjsp.jus.br/ は、サンパウロの司法裁判所のサイトで、そのページでは電子印の照会が簡単にできます。


電子印の番号を入力すると、紹介結果としてこのようなページが表示されます。

発行された登記所や申請者のイニシャルが記載されており、今回の証明書の信ぴょう性が確認できました!

コメント

このブログの人気の投稿

相続人がブラジル人の場合、遺産分割協議書は?

ブラジルの公証翻訳人

ブラジル在住の相続人 必要書類は?